赤ちゃんの肌がツヤツヤしているのはなぜ?

ゆで卵のように張りがあり、かつツヤツヤの状態の肌を「赤ちゃん肌」と呼びます。
赤ちゃん肌はその見た目通り、非常に透き通っていてきれいで、豊富に水分を含むのが特徴です。
赤ちゃんのような肌になりたい、と考えている方も多いのではないでしょうか。

 

赤ちゃん肌を目指すためにぴったりの商品も様々あります。
例えば米肌です。
米肌はセラミドを多く含む化粧品で、肌の潤いをキープしてくれます。
米肌という名前の通り、お米の力を使っているのが特徴です。

 

米肌に限らず、潤いのあるツヤツヤ肌を実現するための化粧品は少なくありません。
一方で、大人になると赤ちゃんの肌とは少し状態が異なり、肌トラブルも増えてしまいます。
どうして赤ちゃんと大人の肌は大きく異なるのでしょうか。
また、赤ちゃんの肌がツヤツヤの理由は何か秘密があるのでしょうか?

 

まず赤ちゃんと大人の肌が大きく異なる点ですが、これは新陳代謝が関係しています。
赤ちゃんは代謝が激しく、肌が傷ついてしまってもすぐに治ってしまいます。
赤くなってしまったり汗疹ができても、2〜3日で元通りになることが珍しくありません。

 

しかし大人の場合、肌の状態によっては2〜3週間掛かることもあります。
これは赤ちゃんと比較して代謝が衰えていることや、肌サイクルの乱れが原因として考えられています。
ただし大人の場合も健康的な肌であれば、肌サイクルが正しくなり、汗疹などもすぐ治ります。
赤ちゃんの肌のように再生力を高めるなら、健康的な肌が必要と言えるでしょう。

 

また、赤ちゃんの肌がツヤツヤしている理由は水分量の違いです。
一般的な赤ちゃんの場合、肌の中には80%近くの水分が含まれると言われています。
そのため、若々しく透き通った、非常にきれいな肌をしているのです。

 

一方の大人の場合、肌に含まれる水分量は女性で60%〜70%とされています。
もちろん年齢による差はありますが、年を重ねると共に水分量は減っていき、高齢なると50%台にまで低下してしまうのです。
この水分量が赤ちゃんと大人の大きな違いで、肌サイクル・肌年齢にも影響しています。

 

以上のことから、赤ちゃん肌を実現するためには、水分補給や保湿が重要な鍵を握ります。
赤ちゃんの肌にはセラミドが多く含まれるため、しっかり補給することが望ましいと言えるでしょう。
米肌のように、セラミドを多く含む化粧品で毎日ケアしてみてはいかがでしょうか。
1〜2日では無理でも、長く続ければ赤ちゃん肌に近づけることができるかもしれません。