セラミドの役割って何?不足するとどうなるの?

セラミドという成分を知っている方、聞いたことがある方も多いかと思います。
サプリメントも販売されていますが、一般的には化粧品に使われることの多い成分です。

 

セラミドは保湿成分の一つで、肌の潤い保持や水分が逃げないようにする役割を持っています。
セラミド以外にも、ヒアルロン酸やコラーゲンを始めとして、保湿成分は様々あります。
しかし、その中でも特に注目されているのがセラミドです。
でもどうして注目されているのでしょうか?

 

セラミドが保湿成分の中で一番良いとも言われている理由は、その浸透力の高さです。
浸透力は保湿成分の分子量(大きさ)で変わりますが、コラーゲンやヒアルロン酸は分子量が大きいという欠点を抱えています。
そのため肌の内部にまで浸透しづらく、保湿力もあまり高くはないのです。
この2つの成分は、本当の意味での保湿にはあまり向いていないことが分かります。

 

一方のセラミドは、分子量が上記2つの保湿成分よりも小さく、浸透力の高さが特徴です。
元々肌の浅い層に存在する成分で、表皮にはすんなりと浸透していきます。
浸透力が高く保湿機能にも優れていますので、優秀な保湿成分と言われています。

 

セラミドは化粧水・クリーム・ジェルなどでよく使われていることから、今では一般的な保湿成分になっています。
しかし不足してしまうと、思わぬ肌トラブルを招く可能性もあるのです。
では、セラミドが不足してしまったらどうなるのでしょうか?

 

セラミド不足が招く肌トラブルは、主に乾燥肌あるいは肌荒れです。
本来は私達の肌に存在する成分ですが、不足すると徐々に肌の水分が失われていき、乾燥肌を始めとする肌トラブルの原因になります。
これらのトラブルで悩んでいる方は、セラミドが不足しているおそれもあるでしょう。

 

肌トラブルにはアトピーもありますが、セラミドは刺激がほぼありません。
このため、それによってアトピーが引き起こされる可能性は非常に低いと言えるでしょう。
人間なら誰でもセラミドを持っていますので、敏感肌の方でも安心と言えるでしょう。

 

セラミドが含まれる化粧品は様々ありますが、米肌と言う化粧品はどうでしょうか。
米肌にはセラミドを作り出す成分「ライスパワーNo11」が配合されており、肌の水分力をキープできます。

 

セラミドは外部からの補給が欠かせません。
そのためにも、米肌などの化粧品でしっかりと補うようにしましょう。
特に乾燥肌・肌荒れで悩んでいる方は補給する必要があります。